「薄毛を改善したいけれど、いきなりAGAクリニックへ行くのはちょっと…」
「自力で薄毛を治すことはできないものかな?」

 

薄毛が目立ち始めると、その改善をしようとAGA専門クリニックを検討する人もいるでしょう。しかし、たとえ医者とはいえ、他人に薄毛相談するのは抵抗があるという人もいますよね?そうなると、自力で薄毛対策をするしかありません。

薄毛の原因はAGA(男性型脱毛症)であるケースがほとんど。自力でこのAGAを治していくことになる訳ですが、果たして自分で治すことは可能なのでしょうか。

 

ワカハゲ君
出来るなら、自力で治したいです

 

結論から申し上げますと、AGAの完治を目指すのであれば、自力で治すのは非常に難しいと言えるでしょう。それは、AGA(男性型脱毛症)の主たる原因は、「5αリダクターゼ」という物質によっておこる男性ホルモンの影響だから。

その他の要因としても、遺伝や生活環境などもあります。こういったいくつかの要因が関係し、AGAの発生原因となっている以上、その根本となる要因を取り除かない限り、AGAの完治はできないのです。

 

ですが、諦めることはありません。現状より抜け毛量を減らし、回復させることは可能です。日々の生活の中でできる薄毛対策をご紹介していきましょう。

 

 

自力でAGAを治すための薄毛対策

 

適度な運動(有酸素運動)

頭皮環境が悪化している人の多くは、代謝や血流が低下しています。適度な運動をすることにより、代謝が上り、頭皮環境も改善します。また血流もよくなるので、頭皮の育毛に必要な栄養分が行き届き、発毛に適した頭皮環境が期待できます。

また適度な運動は、AGA(男性型脱毛症)の原因でもあるストレスを発散させてくれるのでおすすめです。特に、有酸素運動は血行促進効果があるので、続けると髪の毛に充分な栄養が送られるようになります。

 

おすすめの有酸素運動は、『ショギング、ウォーキング、スイミング、サイクリングなど』。あまり頑張りすぎると、逆にストレスになってしまうので、無理のない程度に取り入れていきましょう。

 

睡眠不足の解消

睡眠時間の乱れは、ホルモンの乱れにつながり、AGAの原因に発展します。人間は、深い睡眠に落ちると、副交感神経が優位に働きます。そうすると、成長ホルモンが分泌されるのです。

この成長ホルモンは、育毛に必須の物質です。そのため、睡眠が乱れると、成長ホルモンの分泌量が減り、薄毛に繋がるのです。

 

睡眠で特に重要なのは、夜22時~翌2時にしっかりと熟睡していること。この時間に睡眠をとると、大量の成長ホルモンが分泌されるのでおすすめです。

 

ワカハゲ君
無駄に夜更かししない様、注意しましょう!

 

育毛剤の使用

「今ある髪をしっかり育てたい」、「抜け毛を改善したい」と考えている人にオススメなのが育毛剤。「医薬部外品」として公的機関から効果が認められています。
その効果とは、今ある髪の毛を丈夫に育てる・抜け毛の量を減らす・頭皮環境を改善することなど。また、人体への作用が強くないことも医薬部外品の特徴の一つです。

 

食生活の改善

私たちの身体は食べ物からできており、食生活を改善することは薄毛対策にとって非常に重要。髪に必要な栄養素であるたんぱく質、亜鉛、ビタミン類を含む食べ物を摂取するように心がけましょう。

栄養不足になるような過度なダイエットをしたり、ジャンクフード、コンビニ弁当などを頻繁に食べるのは控えましょう。

 

サプリメントで栄養補給

髪の毛に必要な栄養素を補給するために、サプリメントを活用するのも効果的。サプリメントを利用すれば、たんぱく質、亜鉛、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、各種ミネラルなど、髪を育てるために必要な栄養素を効果的に補給することができます。

サプリメントの中には、AGA対策として有効な成分が含まれているものもあります。AGA治療薬には副作用の心配があるものもありますが、サプリメントなら副作用の心配も少ないため、比較的安心して摂取することができます。

 

過度なアルコールを控える

過度な飲酒も、AGAなど薄毛やハゲの原因のひとつです。体内に取り込まれたアルコールは、まず肝臓で分解され、その際に「アセトアルデヒド」という毒性を持った物質を作り出します。

この「アセトアルデヒド」は、最終的には身体のもつ解毒効果によって、「酢酸」という無害な物質に変えられるのですが、この時に大量の亜鉛やビタミンを消費することになります。

 

亜鉛やビタミンは、髪の育毛に欠かせない栄養素ですから、アルコール解毒により消費してしまうと髪の育成を阻害することになります。

 

 

それでも治せなければ、AGA専門クリニック

 

AGAの特徴の一つは進行性です。自力でできるAGA対策をご紹介してきましたが、これらのAGA改善策を講じていても症状が進んでしまうことは十分に考えられます。

もし、AGAが進行してしまう様でしたら、「クリニックでの相談に抵抗がある」などと言っている状況ではありません。無料カウンセリングもありますので、もっと気楽にAGA専門クリニックで相談してみましょう。

 

「AGAを自力で治すことは可能?自分で治す薄毛改善法6選」のまとめ

 

今回は、自力でAGAを治す方法として、様々な改善法をお伝えしました。薄毛の初期段階でそこまで症状が進行していない方は、日々の生活の中でできることをして、薄毛回復に努めましょう。

改善方法を試してみても変化の見られない方は、自力では改善の見込みがない可能性もあるので、自力にこだわらず、お早めにAGA専門クリニックに相談してみて下さい。

 

それでは今日も若ハゲ対策にハゲみましょう。また次回!