薄毛を治療する方法の一つに「内服薬の服用」があります。内服薬は基本的に「AGA専門クリニック」での診察後、治療薬の処方と言う形で手に入れることが出来ます。ですから、その効果も「病院による折り紙付き」という訳です。

しかも、AGA専門クリニックなら、血液検査など細かな検査や医師の診察によって、薄毛の原因をしっかりと把握することができ、あなたに適したAGA治療薬を処方してもらうことになります。

 

そこで今回の記事では、AGAを改善する3つ治療薬について、その効果や副作用まで詳しくご紹介していきます。

 

 

薄毛を短期間で改善!?効果のあるAGA治療薬とは?

 

「あんなに悩んでいたのに…」と言う薄毛でも、原因を把握し、その症状に適した治療薬を服用すると思っていたよりも短期間で改善することがあります。

まず、治療薬には「医薬品」と「医薬部外品」がありますが、AGA専門クリニックで処方される治療薬は「医薬品」になります。「医薬品」とは、厚生労働省が病気の治療に効果があると認めた成分を含んだ製品で、基本的に医師の診察と処方箋がなければ、服用することは出来ません。

 

「医薬部外品」はそれとは異なり、厚生労働省が認めた「病気などの予防や改善に効果のある成分」を一定量含んだ薬剤を指します。こちらは、ドラッグストアなどでも販売されている様に、医師の診察や処方箋は必要としていません。

ですから、一般的に「医薬品は治療を目的」として「医薬部外品は予防や進行を抑える目的」として存在しています。ここでは、「医薬品」の方に注目して、現在日本で「発毛効果がある」と公式に認められているAGA治療薬を2つご紹介します。

 

AGA治療薬①ミノキシジル

ミノキシジルは、薄毛治療薬の中でも有名です。主な効果としては血管を拡張すること。ですから、頭皮の血行を促進し、髪の毛の毛母細胞の分裂を早め、弱っていた髪の毛を太く長く成長することが出来ます。

そのため、生え際や頭頂部などの元もと血管が少なく薄毛になりやすい部位には効果が絶大。通称「Mハゲ」や「つむじハゲ」と呼ばれるAGAの症状に向いています。

 

内服薬②フィナステリド

フェナステリドは、薄毛治療において欠くことが出来ない成分。その効果としては、ジヒドロテストステロンの分泌を抑制する効果があり、元々ある髪の毛の成長スピードを元に戻すことが出来ます。

ですから、継続して使用することで、「確実に薄毛に効果がある」と言われています。ただし、デメリットとしては「効果に時間がかかること」が挙げられます。

 

AGAクリニックで処方される内服薬の種類と効果・副作用

 

薄毛治療に効果がある代表的な治療薬である「ミノキシジル」と「フィナステリド」のことはご理解頂けたと思います。では次に、実際にクリニックで処方されるこれらの成分が含まれた内服薬の種類とその効果、副作用についてご紹介します。

 

ジヒドロテストステロンを抑制する「プロペシア」

世界中で一番使用されている定番のAGA治療薬が「プロペシア」。有効成分「フィナステリド」が主成分で「飲む育毛剤」とも呼ばれています。

プロペシアが5aリダクターゼに働きかけることで、ジヒドロテストステロンの増加を防ぐことが出来るので薄毛を改善出来ます。ただし、5aリダクターゼはI型とⅡ型の2種類があり、プロペシアはⅡ型のみにしか効果がありませんので注意が必要です。

 

また副作用として、「性欲減退」「勃起障害」「精子減少」などがありますから、子作りを計画している人は使用しない方が良いでしょう。

プロペシアには「ジェネリック医薬品」もあります。AGA専門クリニックは、健康保険が効かないので、投薬治療には思った以上の費用がかかります。

 

継続して長期間服用することを考えるのであれば、ジェネリック医薬品を使用することでその費用を抑えた方が良いでしょう。

(※プロペシアは妊婦や20歳未満の服用は認められていません。)

 

内服薬と外用薬の2種類が存在する「ミノキシジル」

ミノキシジルは、元々血圧を下げる薬でしたが、薄毛改善効果もあることからAGA治療薬として開発されるようになりました。ミノキシジルは、男性の脱毛症AGA(男性型脱毛症)の治療に効果があり、毛母細胞を活性化させる効果があります。

気を付けたい副作用としては、血圧低下、めまい、動悸、ふらつき、手足のむくみ、吐き気など。ですから、副作用が出てきたら使用を中止した方が良さそうですね。

 

そして、ミノキシジルは内服薬と外用薬があり、外用薬はプロペシアと併用することで更に効果増が期待できます。外用薬のミノキシジルは基本的に「頭皮に直接塗る薬」ですが、ジェネリック医薬品はありませんので、それなりのコストがかかるものと考えましょう。

 

最強AGA治療薬「サガーロ」

サガーロは一言で言うと「強力なプロペシア」。主に「デュタステリド」と言う成分が含まれております。2015年に承認されたばかりの治療薬ですが、プロペシアよりも強い効果が期待できるAGA治療薬です。

サガーロの効果は、プロペシア同様に、5aリダクターゼに働きかけることで、ジヒドロテストステロンの増加を防ぎ、それにより薄毛を改善させること。

 

5aリダクターゼはI型とⅡ型の2種類があり、プロペシアはⅡ型のみにしか効果がありませんが、サガーロはその両方に効果があります。ここがサガーロとプロペシアの大きな違いになります。

ですから、プロペシアを服用して、もし効果が実感出来なかった場合には、サガーロを使用してみましょう。気を付けたい副作用は「肝機能障害」「勃起障害」「性欲減退」ですから、子作り期間中には使用しない方が良いでしょう。

 

サガーロは効果が強力なため副作用の危険性も高い。必ず医師の処方の元で購入するようにしましょう。

(※サガーロも妊婦や20歳未満の服用は認められていません。)

 

AGA専門クリニックであれば、オーダーメイド処方も!?

 

患者一人一人の体質に合わせて薬を調合してくれることを「オーダーメイド処方」と言います。このオーダーメイド処方にすると、「プロペシア」はこれくらい「ミノキシジル」はこれくらいと、その人個人で成分量を調整して処方してくれます。

オーダーメイド処方にすると、治療薬の成分だけではなく、薄毛改善に効果のあるビタミン類や亜鉛なども配合してくれるのでおすすめです。

 

まとめ

 

一刻も早く薄毛を治療したい場合やAGAの進行度が重度であれば、AGA専門クリニックで「AGA治療薬」を処方してもらうのが良いでしょう。

効果が不透明な薄毛対策を続けるよりも、クリニックで処方された薬であれば、安心して治療に専念できますよね。

 

症状に適した治療薬を服用しても、投薬治療の効果は少なくとも「3~6ヶ月」はかかります。その為にもクリニックでの定期健診を受診し、専門医に相談しながら治療する必要があります。

それができなければ、AGAクリニックで診察する効果は半減します。定期的にクリニックへ足を運ぶことが困難な場合やAGA初期であれば、まずは自宅でケア出来る育毛剤や発毛剤での改善を探る方が適切なのかもしれません。

 

薄毛改善には、何よりも「継続できること」が重要。諦めずに継続して続ければ薄毛は治る時代です。だからこそ、あなたに合った薄毛の改善方法を見つけて行きましょう。

 

それでは今日も若ハゲ対策にハゲみましょう。また次回!